セキュリティ 月桂樹葉

    ネットやPC関連のことを中心に思いつくままに。

    ホーム > カテゴリー - セキュリティ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)edit
  2. Norton  IDセーフ の自動入力ができなくなったとき

    Nortonツールバーの左の閉じるボタン×をクリックして、その後、再表示するには、右上のtoolbarをクリックする。

    ところが、なんらかの別の方法で再表示させると、ログイン時にIDセーフの自動入力ができなくなることがある。
    そして、Norton Toolbarを削除して再インストールしようとしてもエラーになる。

    このようなときは、Nortonの拡張機能をすべて削除してから、Chromeを閉じ、
    capture.png
    にある「Default」というフォルダを別名にして保存し、Chromeを起動させて新たな「Default」フォルダを作る。
    そして、(IDセーフの設定などから)Nortonの拡張機能をインストールすると、Nortonツールバーは正常にインストールされれ、自動入力もうまくいく。

    うまくいかないときは、Chromeの詳細設定から設定のリセットをしたり、Chromeを再インストールすることを併せて行うと良い。
    再インストールのときは、Bookmarkの保存などに気をつけたい。
    スポンサーサイト
  3. [ 2017/04/24 16:23 ] セキュリティ | トラックバック(-) | コメント欄(0) | edit
  4. Norton再インストール後、IDセーフのデータが消えた

    Nortonインターネットセキュリティにエラーが起きて、タスクバーにアイコンが表示されなくなった。
    プログラム一覧から起動したところ、
    「削除して再インストールします」というようなメッセージが出てきて、「続ける」ボタンをクリックすると
    自動的にアンインストール、再インストールしてくれた。

    以前は、この種のエラーの場合、手動で再インストールしなければならなかったので、
    進歩したな、と感心したのも束の間…

    IDセーフを起動させようとしたところ、
    何度パスワードを入力しても「パスワードが無効」と出てしまう。
    パスワードのヒントのところを見ると、以前のパスワードになっている。
    以前のパスワードでサインイン(ログイン)したところ、有効だった。

    しかし、ログイン情報データはほとんど消えている。
    ダメ元でサポートに連絡したところ、延々30分かかったが、
    元のデータが復活!

    パスワードがすべて無効で新しくサインインしなければならなくなった人も
    新しくサインインしてから、次の方法でデータが復活できるのではないだろうか。

    ①コンピュータ内のProgramDataというフォルダを探す
    このフォルダは隠しフォルダになっているので、
    探しても表示されない人は次を参考にしてください。
    https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=7006-0394

    ProgramData → Norton → 0c55で始まるフォルダ → NISで始まるフォルダ → IdentitiySafeDataStore → フォルダ(1つしかなかった) → IDDStor~.dat

    というファイルを探して場所を確認しておく。
    サポート的にはNortonの下のIDセーフに関するファイルを探してください、ということだった。

    ②IDセーフデータベースを開く → 設定(歯車マーク) → インポート/エクスポート → インポートする → ①で確認したファイルを開く

    こうして、無事、ログイン情報データが復活した。(原因はノートンのバグ)
    ただ、今までローカル保存できていたのが、最近、クラウド保存しかできなくなったそう。
    これは、セキュリティ上心配が残るが仕方ない。

    Nortonは1年に1度くらい、突然、動かなくなって、再インストールをさせられるので、
    Nortonから乗り換えたいなぁ。
    24時間サポートが繋がるのはいいけれど。

    なお、OSはWindows7です。



  5. [ 2017/04/03 18:02 ] セキュリティ | トラックバック(-) | コメント欄(0) | edit
  6. Nortonの最適化の警告を消す

    Windows7のタスクバーのノートンのところに赤い"!"マークがつく。
    「このPCのパフォーマンスを向上させるにはディスクの最適化が必要です」という警告が出て消えない.。
    これは、バージョン22になってからだ。

    私のパソコンのディスクはHDDではなく、最適化をしないほうが良いSSDをつかっているので困る。
    Windows7の最適化の機能も止めている。
    サポートに聞いたところ、結局のところ、

    Norton Internet Security の 「設定」→「タスクスケジュール」→自動タスクの中から「ディスクの最適化」のチェックをはずす。
    これで警告がでなくなった。

    「設定」→「管理の設定」→「パフォーマンス監視」をオフにしてください、とも言われたが、これは関係なかった。
    ただし、「設定」→「管理の設定」→「アイドル時に最適化」はオフにしておいたほうが良いだろう。
    これをオフにしてあったのに警告が出たので、サポートに連絡したのである。

    nortonタスクスケジュール
    クリックすると拡大



  7. [ 2015/07/13 18:09 ] セキュリティ | トラックバック(-) | コメント欄(0) | edit
  8. スクエニ・メールその後

    前回の記事
    「危ないスクエニ・アカウント安全確認」
    に紹介したメールは、
    実は、ウィルスソフトもメーラーも「迷惑メール」と認識していた。

    通常、私の入っているプロバイダは、
    そういうメールをカットして送信しないのだが、
    なぜかカットしない。

    件名を登録するとフィルタでふるいわけられて、送信されてこないのだが、
    なぜかそのメールだけ件名を登録してもフィルタにひっかからない。
    自分の別アドレスで同じ件名のメールを自分宛に送ると
    ひっかかるのに不思議である。

    また、プロバイダでは
    ウィルスメールとスパムメールは送信しないという登録もしてある。

    そこで、プロバイダに問い合わせたところ、
    「なりすましメールは送信しない」にチェックをつけてみてください。」
    と言われた。
    そこで設定を見に行くと昔はなかった「なりすましメール」の項ができていた!

    それにチェックを入れて登録したところ、
    毎日しつこく来ていた偽のスクエニメールがやっと途絶えた。

    やれやれ、
    それにしても高等テクニックを使っている偽メールだった。



  9. [ 2013/08/19 00:49 ] セキュリティ | トラックバック(-) | コメント欄(0) | edit
  10. 危ないスクエニ・アカウント安全確認

    本日、下記のような怪しいメールが来た。

    スクエニ・アカウントのフィッシング詐欺メールは有名になりつつあるが、
    以前来た、スクエニ・アカウントの異常を知らせるメールは、
    迷惑メールフォルダに自動的に入ったのに、今回は入らなかった。

    しかし、ウィルスソフトが警告を発していた。発信人のメルアドも変だった。
    段々内容も巧妙になっていく。

    皆さん、気をつけよう!
    心配な人はメールのリンクをクリックせずに、公式サイトからパスワードを変更しよう!

    件名 スクウェア·エニックスアカウントーー安全確認

    本文
    お客様

    株式会社营团社サービスシステムをご利用いただき、ありがとうございます。
    システムはお客様のアカウントが異常にログインされたことを感知しました。
    下記のログイン時間を照らし合せてご本人様によるログインであるかどうかご確認お願いします。
    ログイン地点 ログインIP ログイン時間 大阪xx.xxx.xxx.xxx 2013-07-xx xx:xx(xは実際の数字)

    ご本人によるログインでなければ、アカウントの安全に問題があると考えられます。
    以下のURLをクリックし、画面の案内にそってパスワードの再設定を行ってアカウントを保護してください。
    https://secure.(後略)
    (上記URLをクリックしてもページが開かないときはURLをコピーし、ご利用のウェブブラウザーのアドレス入力欄に貼り付けてお試しください)

    もし、ご本人によるログインでしたら、お手数ですが本メールの破棄をお願いいたします。
    ご意見やご要望
    スクウェア·エニックス会社
    2013年07月16日

    でも、なぜ、スクエニ・アカウントを持っているとわかるのだろうか。
    スクエニから漏れているのか?
    別のゲームサイトに登録している人をターゲットにしているのだろうか?
  11. [ 2013/07/16 21:28 ] セキュリティ | トラックバック(-) | コメント欄(0) | edit

  12. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。